補正予算の執行

26日、緊急経済対策を柱とする
約10兆円規模の2012年補正予算が成立し
それを受けて、北海道開発局は各開建別の補正予算の計上を公表した。

当社の地域の札幌開建は補正とゼロ国債を合わせて
537億円と言う規模になった。

開発局総額では2,495億円と
2012年度当初予算の5割強の数字となった。

国交省は補正の早期執行を各発注機関に通達し、
総合評価方式での提出書類の簡素化や
在来型指名競争入札の活用により期間短縮に努めるように、
またダンピング受注の防止徹底や不調不落札対策により、
適正価格での契約の推進を要請した。

このように、ここ数年にないほどの大型補正によって
公共事業もかなりの規模になるが
消化するには、どうしてもロットを大きくして
大型工事が増えることになると思う。

3月の格付けと相まって、
受注者側も体制強化をはかり
受注獲得への戦略をしっかり立てなければいけませんね。

それにしても、今更、指名競争入札とはねぇ。

果たして、そのスキルを持った役人はいるんでしょうかねぇ~。
居たとしても、誰もやらないでしょうねw
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2798位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
627位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる