スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流動性の低い」地場型中小建設業

今日は久しぶりの秋晴れで
気温も上がり暖かくなるようです。

昨日は、空知建協の委員会に出席。

毎年開催している地域再生フォーラムの内容について、
道建設新聞の荒木さんを招いての勉強会。

その後フォーラムの内容についての検討。

最初は「地域建設業の戦略的広報について」をテーマに
開催内容を協議する予定だったようですが

桃知さんから

社会的共通資本の第2の社会インフラストラクチャーを扱う
我々地場型中小建設業は最も「流動性の低い」(つまりメディアが好みでない)
グローバル化とは全く違った方向に進んでいる立場では
いくら「戦略的広報」といえども、
その点をしっかり念頭においておかないと
「広報」という言葉は勝手に我々の上を流れて行くだけです。

と言う話にはちょっと考えさせられました。

果たして、我々建設業は誰に向かって、広報し、
結果として何を得ようとしているのか?

つまり、地場の建設業の必要性を一般社会に訴えることによって
企業の安定を確立するための手段の一つとして
「広報」を捉えることでなんでしょう。

「戦略的広報」はその手段を如何に効果的に実践するかなんでしょうね。

ここで「流動性の低い」立場の我々としては
地道でも継続的な活動にしか、
その活路を見出せないのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
6290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
1514位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。