スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミーム

突然だが、イントラネットについて再考してみる。

10数年前からイントラネットを導入して、
その使い方については
紆余曲折しながら、今日まできているが
当然に当初の狙いとしては、
けっして効率化や合理化だけを求めて始めたのではなく
個々の情報発信能力の育成、
当社の売っているものは「技術のミームだ!」である。

『IT化の扱う「情報」とは「ミーム(文化子)」であり、
インターネットはミームが獲得した新しいプールである』

昔何かの本で読んだのを思い出しました(笑)

この文脈を理解するためには、
実践する中でしか身につかないと括ってある。

果たして、今日、当社のイントラネットには
ミーム的概念が根底にしっかり根づいているだろうか?

つまり、イントラネットによって
心から心へと情報が伝わり、
年月を経て「進化」してしているのだろうか?

毎日、情報(連絡事項)の伝達ツールとして使用することが形骸化して、
そこには心(意思)が見えない。

単なる合理化のツール化としてしまったような気がします。

個々の顔が見えるようなイントラネットを目指したつもりだったのですが、
その意味では、完全に失敗しました。

おそらく、修復は不可能でしょう。

一つ、まだ可能性があるとしたら
現場の情報発信(ブログ化)を積極的に実践することで、
伝える(意思)力を身に付け、
会社のミームを助長させることができればと思う。

それは、イントラネットの現場状況報告から、
Web上での「現場ブログ」に形を変え、
顧客に直接情報発信することで、
会社の存在意義を刷り込むことができる、という可能性である.。

そういう意味では、今やイントラネットの限界と言うか、
その役割が終わりつつあるのかもしれない。

「いや、そんなことはない!」
と、叱られそうな気がしますが・・・
IMG_0735.jpg
(Jiro Nakayama 作)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
5061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
1206位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。