捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格

「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんの解放については、
ヨルダンに拘束されてる死刑囚との交換を巡って
未だに解決の糸口が見えないまま数日が過ぎてます。

あの渡部陽一さんが某サイトに
戦場取材の掟と題して掲載してるのを拝借。

渡部陽一の戦場取材の掟

1,最前線行く時は世界最強の軍隊の自走砲部隊と行動する
2,ゲリラが蔓延る地域には近づかない
3,戦場が流動的なところには行かない
4,国外の難民キャンプとかを中心に取材する
5,護衛がいても危ない所には近づかない
6,国境地域から一歩も紛争国の中には基本的に入らない
7、捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格
8,ボディガードはその地域最強の奴を大金で雇う
images.jpg


戦場のジャーナリストは取材を通して
世界に現状を情報発信するのが使命で、
身の安全を最優先に活動しなければと言うことなんですね。

ただ、今は後藤さんが無事に解放されることを祈ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
826位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる