広くて薄い紐帯

桃知さんはよく「広くて薄い紐帯」と表現します。

なんとなく「広く浅く」と理解していまいそうだが
私なりの理解はちょっと違う。

強い紐帯同士のネットワークを繋ぐ働きとして
情報を広く伝播する大変重要な役割を持っているように思う。

また、その薄い紐帯によって伝わる情報や知識は
相互間にとって非常に価値の高いことが多く、
その関係性が弱いにも関わらず、
交流を重ねることで、その内容は重要なものになることが多いような気がする。

つまり
「広くて薄い紐帯」は強い紐帯のネットワークに非常に大きな影響を齎すと言うことです。

そして、その「広くて薄い紐帯」は自らが情報発信を出し続けることで
知らず知らずに拡散し、その薄い紐帯が広がり、
自らにフィードバックされてくるのだと思う。

桃知さんが言う
「自分自身のことを語ることから始め
自らの体験を書き続けることが大切である」
と言ってる意味が理解できるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
516位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる