スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語聴覚士の指導

3年程前から、後遺症の一つである声帯麻痺による声と発音障害(音声障害や構音障害)と
食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)のリハビリに、
週に一度、言語聴覚士(ST)の先生に来て頂き、指導・訓練を行なってますが、
発声障害については、おかげでかなり回復してきたと思ってますが、
(摂食・嚥下障害)については、梗塞よるダメージが強く、
リハビリを続けてきましたが、ほとんど回復してません。

STの先生もいろいろ考えてくれてるようですが
なかなか結果が出ないので、昨日話し合いをして、
訓練も毎回同じことを行うだけで、
正直、それが回復へ向けてより効果的なリハビリなのか、
もうこれ以上の効果を期待できないのか
3年続けて来て、そろそろ限界なのかもしれない。

と言うより、今のリハビリは自分一人でも十分出来る内容なので
毎日自分なりに考えてリハビリができない訳でもない。

主治医に相談して、そろそろ独り立ちしようかと思うST訓練である。

決して諦めはしてません。
ただ、どうしたらよいのか解かりません。

飲食の出来ない悔しさは誰にも解からないだろうな。
自業自得にしては厳し過ぎるわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
9512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
2118位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。