自立の決意

相方と付き合って11年目、
7年半前に私が倒れた時は、
ホントに献身的に支えてくれて
もし、彼女がいなかったらと思うと、
再起は不可能だと言っても過言ではない!

後遺症を抱えて懸命にリハビリに取り組んでる私を今でも励ましてくれている。
おかげで序々にですが回復してきてますが、なかなか手強いですわ。

北海道と大阪と離れていて、
お互いに親の面倒を見なくてはならない身なので、
今後の見通しは全く経たないので不安はあるが
先のことを考えても仕方ない。

ここ2~3年は、私が彼女に対しての依存度が高くなってきたようで、
彼女を「束縛」しているようで不快感を感じる時もあるようです。

昨晩も、自分は今後も、外食や旅行・イベント等に自由に出掛けると
シャワーのように言葉を浴びせられたのには、ちょっとショックだったけど
今の私には残念ながら不可能なことばかりで、
多分叱咤激励の意味を込めて言ってくれたのだと解釈している。

私は決して彼女の行動をを否定しているわけではないのだが・・・

4月から私の生活も変わるので、
彼女は益々、自分への依存度が高くなるのが心配だったのだろう。

25年以上、一人で生活をしてきている彼女としては、
自分の自由な生活を干渉されたくない気持ちはよくわかるし
私も以前(倒れる前)のような生活を取り戻すには、
まだ厳しいが、極力、自立した生活範囲を広げられるよう
楽しみや目標を定めリハビリにに努めようと思っている。

11歳の年の差も彼女にとっては、
倒れて以降は更に感じて来てるのかもしれない。

恥ずかしい話、相方への愛情が不思議と益々深くなっていく自分が嬉しく思う最近の私です。
それを受け止めてもらうには
私自身がいろいろチャレンジして自立して行く努力をしなければと
危機感のようなものを感じた相方の強さだった。

まだまだ62歳。
悔いのない人生を実践する決意をしたのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
404位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる