スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やればできる!

午前中はどんよりした天気でしたが
午後からは、久しぶりに青空になり
ちょっと暖かく感じました。

中村裕之衆議院議員(北海道4区)が
FBに投稿した記事を拝借。
 


国土交通省は、低入札価格調査基準価格の算定にあたり、
従来、3割しか見ていなかった一般管理費を、
5.5割に改めることを決めた。

本社・支店経費や退職金等を算定に含めることとしたことによる改訂であり、
中村裕之の主張が通った形だ。

中村裕之は4月4日、自民党本部で開かれた公共工事適正化委員会で、
一般管理費の積み上げに含まれるべき本社経費が、
含まれていないことを指摘し、改善を求めた。

国土交通省は、会計法令85条が、
当該契約の履行を損なうおそれがある契約について規程しており、
本社経費は当該契約の履行に影響しないという考えをとっていたが、
資金繰り等、本社経営が損なわれると、
契約の履行に支障を来すのは明確であり、
支店においても給与や法定福利費が適切に支払われなければ、
技術職員も会社から去って行くように、
契約の履行に影響しないという考えは適切さを欠く。

こうした主張を、当選当初から、繰り返し申し入れてきた結果、
この度の改訂となった。

これにより低入札価格調査基準価格は約2%上がることになる。

勿論、この改訂には、
多くのベテラン議員や政務三役のお力があったことと、感謝している。

こうした改訂が地域経済の活性化に繋がるよう、期待する。



と言うことで以前から私もこのグログで書きましたが
やっと、国交省も少し動いたようです。

やはり政権交代で自民党の先生方が
我々の声を拾ってくれたんでしょうね。

2%は大きな進歩です。
今後も声を出していかないといけませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
リンク
カウンター
フリーエリア
あわせて読みたい
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
8322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
1951位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。